ピコレーザーでアートメイクを消す!かかる期間や手順

アートメイク除去する場合、顔という最も目立つ場所ですから、絶対に失敗は許されません。
アートメイクは刺青の一種とも言われますが、刺青であれば除去方法は数種類存在します。
ですが、アートメイクの場合は、肌トラブルや傷跡が残らない事が1番重要視されるためピコレーザーを用いた方法が主流となっています。

 

ではピコレーザーで、アートメイクを除去する場合の流れや施術期間について紹介します。
治療の流れは、まず無料カウンセリングで、疑問や不安について相談をして下さい。
そして見積もりで出された金額に納得した場合は、申込みをし、施術が行われます。
施術時間は、5〜10分程度と短時間で終了します。
ただ、ピコレーザーの場合は、1回の治療で全て綺麗に消える訳ではありません。

 

基本的にアートメイクとは、眉やアイラインに入れるものですから、単色でサイズも小規模になります。
そのため施術回数は、5〜6回程度と考えておきましょう。

 

 

 

ただし、早く消したいからといって、週1ペースでクリニックに通うという事は不可能です。
なぜかというと、1度施術を受けると、皮膚にはダメージが加わっています。
そのためダメージが回復するのを待ち、2回目の施術が行われます。
なので少なくとも2ヶ月程度は期間を開ける必要があるため、2ヶ月×5〜6回の施術となるため1年かけて治療を行う事になります。

 

切徐法であれば、1回の治療で全て完了しますが、皮膚を切り取り縫う必要があるため、どうしても肌へのダメージや傷跡が残ってしまいます。そのため安全で痛みが少なく、施術後の肌が綺麗な方法を選ぶのであれば、時間がかかったとしてもピコレーザーを選ぶべきだと言えるでしょう。