アイラインなど、目の周りのアートメイクもピコレーザーで消せるの?

基本的に、刺青除去もタトゥー除去もアートメイク除去も、その治療法に大差はありません。
どれも皮膚に針をさして色素を入れた状態なので、除去する方法も同じだと言えます。
ですが刺青やタトゥーよりも、アートメイク除去の方が、最も気を遣うという人が多いでしょう。

 

なぜなら刺青やタトゥーであれば、入れる部位は肩や腕、背中などが一般的です。
そのため、除去した後に少しぐらい傷跡が残ってもあまり気にならない人が多いと言えます。
ですがアートメイクを行うのは、女性が大半で、しかも最も目立つ顔ですから、傷跡が残ったら困ります。

 

それにアートメイクの中でもアイメイク除去は、非常に目に近い場所で除去治療を行います。
目の周りにピコレーザーの光を照射して、失明などのトラブルが起きたりしない?
そんなふうに心配になってしまいますよね。
では、アイメイク除去に、ピコレーザーの治療を行っても安全だと言えるのでしょうか?

 

結論から先に言えば、アイメイク除去でピコレーザーの治療を行い失明する事はありません。
ただし、ピコレーザーの照射は、目にいいものではありません。
そのため治療を行う際に、コンタクトジェルでしっかり目を保護した状態で行っています。
治療を行うクリニックが、正しい処置でアイメイク除去を行っている場合は、安全性が高い治療だと言えるでしょう。

 

アートメイクに興味がある人はここからhttps://www.vaser-kousei.com/crf/

 

またレーザーの照射が目に悪影響を及ぼそうで怖いからと、切徐手術を行う人もいます。
切徐手術の場合は、確かにレーザーの照射のリスクはなくなりますが、皮膚を切り取るというメスを用いる治療法です。
そのため、手術中に目の角膜を傷つけてしまうという可能性はゼロではありません。
なので、リスクに目を向けた場合、ピコレーザーの治療法が安全性が高くリスクを抑える事が出来ます。